イタリアの味|トマトやチーズを主軸としたイタリアンの魅力

男の人

日本伝統の料理の歴史

ビールと串を持つ女性

和食は日本に古くから伝わる料理です。昭和の頃までは野菜や魚が中心だったのですが、明治頃から徐々に和食には肉が出るようになりました。川越のお店ではそんな昔ながらのものから最新の和食まで扱っているお店が多いです。

詳細

おもてなしの心

洋食

人を歓迎する場合、接待を行います。そんな中でも特に高級なのは銀座です。銀座には名店がたくさんあり、和食洋食中華料理など一級品の店舗が多く並んでいるので満足されることうけあいです。

詳細

地方によって食材が違う

洋食

イタリアンと聞いて多くの人が連想するものは、ピザやスパゲッティです。そして、それら料理に使われる具材は魚介類やトマト、チーズを中心に思い浮かべる人が多いです。その認識は若干誤りです。確かにトマトや魚介類チーズは使われていますが、それはイタリア南部の料理です。イタリアンは調べればバリエーションが豊かであり、地方によって具材が大きく異なります。例えば、北部の料理です。イタリア北部では肉料理が主に使用されています。イタリア北部は様々な国と隣接しており、アルプス山脈の麓にあるため乳製品も多く使用されています。そのため、濃厚でこってりしたイタリアンを堪能できるのがイタリア北部です。
反対に、イタリア南部は地中海が近いこともあり魚介類が豊富に取れる他、オリーブオイルや野菜なども豊富に使用しているため、ヘルシーでさっぱりした味わいのものが多いです。前述したように、多くの人がイメージするイタリアンといえばこの南部イタリアの料理です。そのため、日本のイタリアレストランでは基本的にトマトや魚介類を扱ったものが多いです。しかし、本格的なイタリアンをお出ししている店の場合、北部料理も豊富に出しているので、レパートリーは非常に豊富です。そのため、トマトが苦手な人やあっさりしたものが苦手な人でも、コクのある濃い味のものが食べれるので一度北部の料理を食べてみましょう。なお、南部北部に共通しているのはチーズです。これはどちらでもふんだんに使われていることが多いです。

イタリアンの象徴

ピザ

イタリアンを象徴するもの、それがチーズです。モッツァレラチーズをはじめとする様々なチーズはイタリアンの味をより本格的なものに変えてくれます。サルバトーレでも、チーズには強いこだわりを見せています。

詳細